読売センター瀬田

お電話でのお問い合わせ
0337001819

24年4月 玉川消防署からのお知らせ




– 玉川消防署 –

平成24年 玉川消防署管内の災害状況(4月2日現在)

火災 22 件
焼損面積 130 ㎡
火災による死者 0 人
火災による傷者 4 人
救急活動 3,244 件
救助活動 80 件
危険排除 14 件
緊急確認 17 件




●地震だ!まず身の安全
地震発生時には、まず身の安全を確保することが何よりも大切です。まずはテーブルの下などで身の安全を図りましょう。
また、日頃の備えとして、自宅や職場では家具などの転倒・落下・移動防止対策をしましょう。
東京消防庁では、東日本大震災を踏まえ、「地震その時10のポイント」を見直しました。
詳しくは玉川消防署ホームページ
http://www.tfd.tokyo.jp/hp-tamagawa/index.html)をご覧ください。



●東京版救急受診ガイドのサービスがスタート
病院へ行くべきか、救急車を呼んだ方がいいか、急な病気やけがで迷った場合に救急相談センター(#7119)による電話相談のほかに、パソコンやスマートフォン、携帯電話などから、都民の皆様ご自身が受診時期の目安や診療科目などを確認できる便利なツール「東京版救急受診ガイド」のサービスを始めました。
詳しくは、東京消防庁ホームページ(http://www.tfd.metro.tokyo.jp/)をご覧ください。



●違反対象物の公表制度について
建物の立入検査によって把握した消防関係法令違反の情報を提供することで、都民の皆様自らが建物の利用について判断できるようにするための公表制度が、火災予防条例の一部改正によって創設され、平成23年4月1日から施行されました。
東京消防庁のホームページ(http://www.tfd.metro.tokyo.jp/)で「建物名称、所在及び違反の内容」を公表しています。



●防火・防災教育を実施しましょう!
4月は、社会人としてスタートする方、人事異動で新任地に就く方、第二の職場で再スタートする方など、事業所の人事配置が大きく変わる時期です。
いざというときに119番通報や初期消火、避難誘導などがスムーズにできるように、新入社員を重点とした「防火・防災教育」を実施しましょう。



●玉川消防団員大募集!
 玉川消防団員が不足しています。18歳以上の健康な方、あなたも地域のために消防団員となって活動してみませんか。
お問合せは玉川消防団事務局(玉川消防署内事務局03―3705―0119)まで。

お試し新聞のお申し込み,読売新聞 の新規お申し込み、休み止めなど こちらで承ります。

お問い合わせ
今月の休刊のお知らせ 次回回収は

10月25月(水)

です

今月の休刊のお知らせ

朝刊:10日(火)

夕刊:9日(月)

です

YC瀬田店の求人内容はこちら

求人内容をみる
読み取るだけで いつでも閲覧できます
QRコード